<200Aケロシン仕様変更!>200系ケロシンチューブ(Oリング付)

クリックで画像を表示
ケロシン燃料に変更する為のフューエルチューブです。Oリングが付属します。
クリックで画像を表示
ガソリンチューブと変更するだけです。
クリックで画像を表示
しかも直ぐにガソリンに戻せます!

クリックで画像を表示
201ケロシンバルブアッシーとの比較写真です。

200系ケロシン(灯油)チューブ!


■商品名:200系ケロシンチューブ(Oリング付)
■材 質:真鍮製(非純正品)
■送 料:ネコポス270円(日本全国一律) 
全国翌日配達、荷物追跡、補償と安全、確実な発送方法ですので安心して商品をお受取り可能です。宅急便発送以外のパーツ類を全て「ネコポス270円」のみで同梱包してご発送致します。単独発送より少しでも送料がお安くなりますので他パーツ類もどうぞご検討下さい。
■該当モデル:200系242系ランタンのバルブアッシー


ランニングコストのお安いケロシン(灯油)燃料に仕様変更してみてはどうでしょうか!

コールマン愛好家の中心となる大人気ビンテージランタンの
200Aガソリンランタンに対して、外見上はほぼ同形状で使用燃料が違う201ケロシンランタンが存在します。200Aランタンと構造が似通っているので少しのパーツを交換するだけで200Aガソリンランタンをケロシン(灯油)燃料に変更可能となります。

その燃料変更の魅力はやはりランニングコストでしょう。一番お安いと思われるホワイトガソリン「洗浄用のホワイトガソリン(JX日鉱日石エネルギー) 18リットル缶を使用してもリッター当たりの単価は非常にお高いです。しかも入手困難で、さらに大量のガソリンを保管するのも大変注意が必要です。

もしケロシン(灯油)に燃料を変更すればどうなるのでしょうか?何処のガソリンスタンド、ホームセンター等でも販売しており非常に入手し易いです。もしキャンプ場で燃料が無くなっても近くのガソリンスタンドに行けば購入可能となります。またガソリンと比べても比較的安全な燃料です。

最大の魅力はリッター当たりの単価が非常にお安くなります。燃料費の事を気にせずに気兼ね無くガンガン使えますよね!


200A愛好家の方々はケロシン仕様に変更される方が非常に多いです。当方もこの10年で214ケロシンモデル、639ケロシンモデルも含めて、201ケロシンジェネレーター、プレヒートカップを数千本(個)以上販売してきましたが、購入された方に聞くところによるとケロシン用のパーツなのですが、ガソリンモデルに使う為に購入された方が本当に多いです。

皆さんやはりお財布事情が厳しいのかもしれませんね~。(^^; 燃焼費を抑えるのは当然と言えば当然です。

ガソリン燃料からケロシン(灯油)燃料に変更する場合は、
201用ケロシンジェネレーター、プレヒートカップを変更、装着するだけでは、ケロシン(灯油)燃料を使用する事は出来ません。両燃料の構造の違いは内部バルブアッシーの燃料を吸い上げるフューエルチューブに違いが有ります。ガソリン仕様のフューエル&エアチューブの二重管では、ケロシン燃料を安定して供給する事が出来ません。偶然にも何も変更しないで燃焼するかもしれませんが、一旦調子が悪くなると火だるまになったりします。

今まではそのフューエル&エアチューブの内部ロッド、スプリングを抜いたり、穴を大きく加工をしたり、いろいろ調整したりして201ケロシンランタンの構造に近づけて燃料変更されていた方ばかりです。しかしその欠点は
チューブを加工をすると元のガソリン仕様には二度と戻す事は出来ません!またストーブやツーバーナーと燃料統一等でガソリン燃料に元に戻したい事も当然有るでしょう。常に道具変更、キャンプスタイル変更は有りますよね。

------------------------------------------
 


そこでこの「200系ケロシンチューブ」の出番となります。元のガソリン用「フューエル&エアチューブ」は大事に保管して頂き、このケロシンチューブに変更するだけで、ほぼ同構造の201ケロシンバルブアッシーに変わります。またガソリン仕様に戻したい時は外して交換するだけ元の200Aガソリンモデルに復活出来ます。

【商品説明】
商品名 : 200系ケロシンチューブ<Oリング付>
材  質 : 真鍮製(非純正品)
形  状 : 内径201ケロシンチューブと同径
該当モデル : 200系242系ランタンのバルブアッシー

非純正品のメーカーから販売されていないパーツとなります。材質はビンテージバルブアッシーと同様の真鍮製です。内径を201ケロシンバルブアッシーのチューブ同径になっております。外径は少し大きいので肉厚が有りがっしりして強靭です。201ケロシンオリジナルは指で直ぐに曲がるほど薄い肉厚チューブとなっています。

交換方法は簡単でガソリン仕様のフューエル&エアチューブとスプリング、ロッドを外して、このケロシンチューブに変更するだけです。指で捻じ込む程度で全く問題有りません。
基本的にはOリングは必要有りません。ただし様々なバルブアッシー本体の状態が有るかもしれませんので、予備にOリングをお付けします。耐油NBR高ニトリルのガソリンに最高材質のOリングです。お持ちのバルブアッシーの状況によりお使い下さい。


------------------------------------------
 

【その他、200Aガソリン、201ケロシンランタンの違いについて】

基本的にはケロシン(灯油)燃料変更にて大きな影響は有りませんが、フレーム内部のバーナーチューブが200A,201モデルとでは少し形状が違います。頭の部分の開口が大きくなっております。もし何らかの調整、変更が必要な場合は、その部分も改良検討してみて下さい。その違いについてはアドバイス可能です。


200Aランタンを燃焼費を気にせずガンガン使って下さい!

私もケロシンランタン大好きです!
キャンプにはいつも数台持って行きます。

ご興味ある方はどうぞご検討下さい。



201ケロシンランタン変更パーツセットも販売しております。各パーツ(201ケロシンジェネレーター、プレヒートカップ、スペーサー、ケロシンチューブ等)を単独で購入するよりもお得なセットとなっております。
どうぞそちらもご検討下さい。


みんなのレビュー

総合評価 (0件) レビューを読む

営業日カレンダー

土日、祝日は基本的に営業しておりますが、店舗接客によりご連絡発送の対応が遅れる場合が御座いますのでご了承下さい。実店舗ショップ、ネットショップのお休みは不定期となります。店舗へのご来店時は必ず先もってご連絡をお願い致します。不在時は店舗を閉めておりますので予めご了承下さい。

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム

当ショップの売れ筋商品