<赤レバーから燃料漏れ困ってませんか?>シングルストーブの赤レバー用Oリング3個セット

クリックで画像を表示
大×2個、小×1個の3個セットとなります。お持ちのストーブに対応するOリングをご使用下さい。
クリックで画像を表示
現在の調査結果は90年代初はOリング小1個、90年代中頃はOリング大1個、90年末頃~現在はOリング大2個の装着となっています。
クリックで画像を表示
見本写真は(右)Oリング大2個タイプ、(左)Oリング大1個タイプ 上がオリジナルOリング、下が販売Oリングとなります。

クリックで画像を表示
Oリングの交換状況(442ストーブ)交換後のOリングです。
赤レバー燃料漏れ!
困ってませんか?


■商品名:シングルストーブ用のOリング3個セット
■型 番:メーカー未発売(当ショップオリジナル)
■仕 様:ストーブパーツ(耐油ゴムNB二種)
■送 料:ネコポス270円(日本全国一律) 
全国翌日配達、荷物追跡、補償と安全、確実な発送方法ですので安心して商品をお受取り可能です。宅急便発送以外のパーツ類を全て「ネコポス270円」のみで同梱包してご発送致します。単独発送より少しでも送料がお安くなりますので他パーツ類もどうぞご検討下さい。
■該当モデル:近年の赤レバー型シングルストーブ(主に1レバータイプ)です。ビンテージのグラファイトパッキンタイプには該当しませんのでご注意下さい。 必ず赤レバー部のナットを緩めて引き抜いてOリングタイプかどうか確認して下さい。グラファイトタイプの場合は引き抜く事が出来ませんので判断出来ます。※グラファイトタイプは別出品しています「グラファイトシート」を切断挿入して増量して使って頂くか「赤レバー用グラファイトパッキン」をご利用下さい。


------------------------------------------


シングルストーブの赤レバー内に装着されている「Oリング3個セット」です。時代により仕様が変わるOリングのバルブ一式全般に対応するために3個セットとなります。


このパーツはユーザーの方から問い合わせが非常に多いパーツとなります。


「コールマンシングルストーブ類(508A,442,533,400B,440等)の赤いレバー部からポタポタと燃料漏れがして点火できない!」と言った声を多数聞きます。しかし現在USコールマン、コールマンジャパン共にパーツ供給はされておりません。対応としましてバルブ一式(508A557,400-5551,400B5571等)を新品交換となっておりました。


当ショップは販売するにあたって、

「無料Oリングモニター」を実施しまして、サイズや材質等を調査してからご提供する商品となりますのでご安心下さい。※長期調査は実施しておりません。


この3個セットで基本的には対応可能と思います。

下記の「対応一覧表」をご参考下さい。※現在モニター中のストーブも有ります。ただし調査ストーブでの結果ですので、もし該当しなかったOリングタイプの場合は出来るだけ対応致しますので宜しくお願い致します。


【Oリングが該当しなかった時の当ショップの対応】

もしこの3個セットで該当しないコールマンストーブのOリングタイプが有りましたらご連絡下さい。出来るだけ新サイズのOリングを製作してご対応致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。その場合は赤レバー部をこちらへご発送して頂き確認致します。そのサイズに該当するようなOリングの試作品をご提供致します。申し訳有りませんが、ご対応の為の商品の往復送料はご負担下さい。さらに試作品のやりとりで1ヶ月~2ヵ月程度は時間が掛かりますので予めご了承下さい。※製作不可能な場合はご対応出来ませんので予めご了承下さい。


シングルストーブの赤レバー燃料漏れでお困りの方!どうぞご利用下さい!


------------------------------------------


【Oリング種類の概要】
大×2個、小×1個の3個セットとなります。お持ちのストーブに対応するOリングをご使用下さい。現在の調査結果は90年代初はOリング小1個、90年代中頃はOリング大1個、90年末頃~現在はOリング大2個の装着となっています。


必ず赤レバー部のナットを緩めて引き抜いてOリングタイプかどうか確認して下さい。グラファイトタイプの場合は引き抜く事が出来ませんので判断出来ます。※グラファイトタイプは別出品しています「グラファイトシート」を切断挿入して増量して使って頂くか「赤レバー用グラファイトパッキン」をご利用下さい。


【Oリングの交換方法】

特に交換は難しく有りません。特殊工具も必要有りません。古いOリングをピンセットや細いドライバー等で伸ばし引っ張りながら溝から外します。おそらく劣化しているOリングはこの時点で切断される事が多いです。その後、新品のOリングを伸ばしながら同じ溝に挿入して下さい。再度バルブ内に挿入する時が少し注意が必要です。内部にジェネレーター先端のガスチップ穴の清掃ニードル針を動かすエキセントリックブロックというパーツが入っています。その溝に赤レバーの先端の突起を入れ込みます。必ず位置を確認しながら挿入して下さい。やみくもに入れても溝に上手く入らないです。赤レバーが通常通りに動作するのを確認してナットを締め込んで下さい。以上で交換は終了です。


【対応一覧(参考)】

442(91-1)----Oリング(小)1個
533(91-10)----Oリング(小)1個
533(92-2)----Oリング(小)1個
442(92-2)----Oリング(小)1個
508A(92-4)----Oリング(小)1個
533(93-2)----Oリング(大)1個
440(94-2)----Oリング(大)1個
508A(94-3)----Oリング(大)1個
440(94-7)----Oリング(大)1個
508A(94-11)----Oリング(大)1個
442(95-4)----Oリング(大)1個
508A(95-4)----Oリング(大)1個
508A(99-8)----Oリング(大)2個
442(05-8)----Oリング(大)2個
508A(06-12)----Oリング(大)2個
508A(12-7)----Oリング(大)2個
※同じモデル、製造年月の調査結果は省略。

また掲載モデルと同じでも新旧パーツの過渡期などで違う場合も御座います。

さらに別の時代のバルブ一式と交換されている場合も御座いますのでご注意下さい。


【Oリングの注意点】

コールマン純正のOリングでも耐久年数が5年も無い状況も有ります。使用する毎にゴム製ですので劣化していきます。また回転させるとゴム表面の摩耗も発生します。また圧縮されている状態ですので日々劣化をしている状態となります。


本Oリングも同程度は状態を保つと思いますが、再度燃料漏れ等が発生した場合は「消耗品」としてお考え頂き、再度のご利用をお願い致します。


本Oリング交換、また交換後のストーブご使用については、全て自己責任において管理、点検、ご使用下さい。このOリングで故障、破損、事故、怪我等がおきましても当ショップは責任を負いませんので予めご了承下さい。


のOリングを変えるだけで燃料漏れも止まり、ストーブが復活して大活躍する事でしょう!


どうぞお試し下さい!






みんなのレビュー

総合評価 4.8(36件) レビューを読む
  • 助かりました♪
    コックからガソリンの吹き出しが無くなりました!!本当に感謝です。またコールマン製品でトラブルが起こったら利用させてもらいます^^

    投稿者:味さん

    投稿日:2018-05-22

  • 508a
    久しぶりに使ったら燃料が吹き出して色々探してたどり着いたショップです 早い対応で助かりました。

    投稿者:侍

    投稿日:2018-05-18

  • お世話になってます
    フェザーストーブを2年ぶりに使ってみると赤レバー根元から盛大に燃料を吹き出しました。以前はパーツサイズを測定して大体の勘でホームセンター通いでしたが当ショップを利用してからは無駄足や無駄銭を使う事なく間違いないメンテナンスが出来る様になりました。

    投稿者:fm230

    投稿日:2018-05-14

  • おかげさまで
    同じ508Aでもいろんなタイプがあるのですね。お陰様でだだもれだった赤レバーが無事復活しました。末長く使っていきたいと思います。ありがとうございました。

    投稿者:むぎたろう

    投稿日:2018-05-10

  • ありがたい部品
    GW中にもかかわらず、注文翌日にもう届けて頂きました。
    もう何年も利用しておりますが、いつも迅速に確かな製品(部品)を
    ありがとうございます。
    PEAK1 400などグラファイトパッキンで漏れを止めているタイプなら
    増し締めである程度何とかなりますが、このゴムOリング仕様だと
    締めてもどうにもなりません。
    バルブASSY交換を余儀なくされそうなところ、このOリングのおかげで
    簡単に漏れを直すことができました。
    2レバー化したexponentストーブですが、これでまだ長いこと
    現役でいてくれそうです。
    部品交換後は最大火力が上がり、それに伴って最小がとろ火だったのが
    弱火程度になってしまいましたが、このOリングが理由ではなく、
    赤レバー部を組み直すときに何らかの理由でバルブ開度が変わって
    しまったようです。組み直す際は、皆さんご注意ください。



    投稿者:TOMCAT2018

    投稿日:2018-05-04

営業日カレンダー

6/23(土)午後~6/24(日)は当ショップお休みとなります。通販業務は早朝、夜間連絡となります。少しご発送、連絡が遅れる場合が御座いますので予めご了承ください。

店舗営業はお休みとなりますのでご了承ください。どうぞ宜しくお願い致します。
  
  
土日、祝日は基本的に営業しておりますが、店舗接客によりご連絡発送の対応が遅れる場合が御座いますのでご了承下さい。実店舗ショップ、ネットショップのお休みは不定期となります。店舗へのご来店時は必ず先もってご連絡をお願い致します。不在時は店舗を閉めておりますので予めご了承下さい。

営業時間:9:00~12:00(出荷作業)13:00~17:00(店舗営業)■12:00頃までにご入金確認出来れば当日発送致します■
17:00以降のご注文は翌日AM9:00頃よりのご連絡となります■不在の場合も多いですのでご来店の際は先もってご連絡をお願い致します■コールマンメンテナンスパーツを末永くサポートしますのでこれからも宜しくお願い致します■

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム

当ショップの売れ筋商品