<凄い!進化したデラックスレンチ!>チェックバルブレンチDX(USA)

クリックで画像を表示
純正レンチより(960円)お高くなるだけで、「先端細径」 「長尺ロングレンチ」「焼き入れ加工」「クロムメッキ」と非常に使いやすくなったDXレンチです。
クリックで画像を表示
爪部分の強度が違います!
クリックで画像を表示
純正チェックバルブレンチと比べてみて下さい。まずレンチ長さが違う事が直ぐに解ります。

クリックで画像を表示
コールマン現行品はUSAタイプのみですが、ビンテージコールマンはUSA、カナダタイプ2種類の爪幅が必要となります。★本商品はUSAタイプです★
クリックで画像を表示
メッキ処理時に針金にて吊り下げる部分、ハンドル溶接部にも内部の処理液などで変色、メッキ荒れが残っております。申し訳有りませんがメッキ荒れについてのクレーム、返品はお受けできませんので予めご了承下さい。
クリックで画像を表示
当ショップでは3種類のチェックバルブレンチを販売しておりますので、コールマンメンテナンスのご使用状況によりお選び下さい!※コネクトレンチはハンドル無しタイプも有ります。

進化したDXレンチ!USAタイプ

  

長い間欠品中でしたが、6/14日にやっと入荷しました!

純正レンチよりも超使いやすいDXレンチです!

ご興味ある方はどうぞご検討ください!


■商品名:チェックバルブレンチDX(USA)
■材 質:スチール製(非純正品)
■送 料:ネコポス270円(日本全国一律) 
全国翌日配達、荷物追跡、補償と安全、確実な発送方法ですので安心して商品をお受取り可能です。宅急便発送以外のパーツ類を全て「ネコポス270円」のみで同梱包してご発送致します。単独発送より少しでも送料がお安くなりますので他パーツ類もどうぞご検討下さい。
■該当モデル:コールマンUSA用(一般的なランタン・ストーブ)
 
コールマン灯火器類のメンテナンス必携工具でタンク内部のチェックバルブを脱着する時に必要となります。



本商品はメーカー純正のチェックバルブレンチを進化させた「デラックスレンチ(以下DXレンチ)」です! 全く別物のチェックバルブレンチとなります。どう進化したかは下記の改良点をご参考下さい。



本商品は先端の爪幅が太いコールマンUSA用レンチとなっています。近年のタイプは全てこれが該当します。


 
■純正レンチ(DXレンチ)の交換手順■←クリックしてご確認下さい!※交換手順は純正レンチとなりますが使用方法は同じです。


純正レンチより(960円)お高くなるだけで先端細径」 「長尺ロングレンチ」「焼き入れ加工」「クロムメッキ」と非常に使いやすくなったDXレンチです。

------------------------------------------
 
コールマン灯火器類の「燃焼不調」「点火不良」等の代表的な不具合事例としまして、タンク内部パーツのチェックバルブ不良により、ポンピングしてもタンク圧を加える事出来ない場合が多々有ります。その場合はチェックバルブを取り外して、洗浄クリーニングや部品交換等を行なうだけで簡単に直る場合が有りますが、そのメンテナンス行うにはこの専用チェックバルブ脱着レンチが必要となってきます。

一般的なビンテージコールマンのチェックバルブを取り外すには、カナダ用USA用の両レンチが必要となります。同じコールマン製でも製造国・新旧年代により「チェックバルブの溝幅」の違いが有りますので、この脱着レンチの先端爪幅にも細太の2種類レンチが必要となります。

現在の交換用チェックバルブ(200-6381)がUSA太幅タイプのみで有り、近年のランタンしかメンテナンスされない方は、このUSA用レンチをお選び下さい。しかし古いビンテージUSA製はカナダ細幅タイプのチェックバルブが装着された個体も有りますので少し注意が必要です。

------------------------------------------


【DXレンチの改良点】

1.先端を細くして純正レンチでは届かない奥まって装着されるチェックバルブに対応しました。


2. 全長を約1.3倍程長く改良しまして操作性を向上させて力を加えやすくしました。またロングストロークのポンプ部にも対応しました。


3. 純正レンチは使用すると直ぐに爪の部分に傷、変形などが生じてきて、それが機能にも影響してきます。本DXレンチは全体を焼き入れ加工を施し強度を上げました。


4. 純正レンチは安価なユニクロメッキですが、本DXレンチは強靭なクロムメッキで処理しております。※吊り下げてメッキ処理するためにその部分に少しメッキ荒れが残っておりますがご了承下さい。


------------------------------------------


【ご注意点】

メッキ処理時に針金にて吊り下げる為にその針金が当たる部分にメッキ荒れが残っております。またハンドル溶接部にも内部の処理液などで変色、メッキ荒れが残っております。ほぼ全てのレンチに残っておりますのでクレーム、返品はお受けできませんので予めご了承下さい。※写真参照


------------------------------------------

 
コールマンランタンやストーブのメンテナンスの第一歩として必携の特殊工具です。熟練のコールマン愛好家の方達はこのチェックバルブで経験・技術を習得していった専用工具です。このレンチを初めて持つとチェックバルブの異常が無くてもなんか外したくなりますよ。

(^^; 
 
コールマン製品の魅力の1つが、所有者自身でメンテナンスする事です!

純正レンチより(960円)お高くなるだけで 先端細径」 「長尺ロングレンチ」「焼き入れ加工」「クロムメッキ」と非常に使いやすくなったDXレンチです。


どうぞ宜しくお願い致します。


【お知らせ】

DXレンチ2本セット(USA、カナダ)は少しお安い「4,780円」となります。どうぞそちらもご検討下さい。


 

みんなのレビュー

総合評価 4.8(5件) レビューを読む
  • なるほど、納得❗
    最初は、マイナスドライバーで外したら…。なんて思っていましたが「相手は真鍮、専用工具じゃないと外れなくなるよ」と言われ、納得。材質、機種によって選択すれば、あーら不思議。これだね。私は「USA」

    投稿者:matsunomaenokenchan

    投稿日:2016-11-09

  • 固く締まったチェックバルブ用
    550のチェックバルブ交換用に購入。
    あいにく手持ちの550はCANADA仕様だったので、CANADA用も追加購入。
    これからのチェックバルブはUSA仕様になるはずなので、どのみち必要。

    無事チェックバルブは外せた。
    しかし、大トルクで締まっているのに対抗するので手が痛くなった。
    手で握る部分の面取りがされていればなお良し。もしくは、T字の横棒がもう少し長いと楽で痛くないだろうと思う。

    また別に、レンチの端が9.5sqの差込み角または6角になっていたりすると可能性が広がるとも思う。

    投稿者:ジャギ

    投稿日:2016-10-29

  • <凄い!進化したデラックスレンチ!>チェックバルブレンチDX(USA)
    かなり手ごわいと聞いてましたが、初めてなので、手で外せない”なめる”かなと思いましたが、ハンマーで2~3回たたいてすんなり外せました。

    投稿者:oldjp

    投稿日:2016-09-21

  • お店の対応も素晴らしい!!
    一度商品の購入手続きを完了した1日後に、こちらの商品を購入。
    送料が2回分とられると思っていましたが、お店側の計らいで送料は1回分に!(商品発送前に自分がすぐにクレジットで清算できたためです)
    また届いた商品を見ると、商品とは別にバルブレンチの使い方が載っている書類も入っていたため、問題なく部品交換を行うことが出来ました!!
    ただ、純正商品を持っていないため比較することはできませんが、分かりやすい説明書つきだったため、星5個です。
    1本持っていれば安心だと思います。

    投稿者:肉球餃子

    投稿日:2016-09-16

  • 気にしていなかったのですが
    今まであまり気にしていなかったのですが多少不具合を感じ交換してみることにしました。持っていて損はないと思います

    投稿者:とーさん

    投稿日:2016-08-28

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

営業日カレンダー

土日、祝日は基本的に営業しておりますが、店舗接客によりご連絡発送の対応が遅れる場合が御座いますのでご了承下さい。実店舗ショップ、ネットショップのお休みは不定期となります。店舗へのご来店時は必ず先もってご連絡をお願い致します。不在時は店舗を閉めておりますので予めご了承下さい。

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム

当ショップの売れ筋商品