みんなのレビュー

<燃料ノブ、赤レバーを閉めても燃料漏れしませんか?>フュードチューブ内バルブコア(288-3651)返品不可商品
総合評価 5 (3件)

780円

在庫あり

注文数:

  • これが原因でした。
    ジャンク扱いで入手した95年製の508A。全分解メンテナンスで快調に燃焼するも、バルブ全閉でも消火できませんでしたが、バルブコア交換で正常に動作するようになりました。
    バルブ内部の部品なので多分23年間一度も交換されたことがなかったものと思われます。人目に触れることがない部品ですが、意外と重要な働きをしています。
    簡単なメンテナンスで復活するコールマン製品はまさに一生ものです。

    投稿者:iku

    投稿日:2018-06-23

  • Peak1 Model400
    4半世紀前に会社の先輩から譲り受けて以来、一度も緩めたことのないバルブ部分も含め、あちこち固着していたので分解に手間取るし、分解中にバルブコアの抜き方がわからず、緩めたら頭の部分だけが取れて、「これはバルブ一式で買ったほうが良かったかな?」と思ったりもしたけれど、バルブコアが入った部分の周囲をバーナーで軽く温め、ペンチで引っ張ってなんとか引き抜きに成功。

    外したあとで内部を綿棒とエアガンでクリーニングしたら黒いカスがボロボロと出てきたので、ゴム部分(新品部品で赤いゴムが使われている部分は、元部品では黒色のゴムでした)はかなり劣化していた模様。

    また、バルブコア中心部のピンが長くて、フィードチューブ部分をレバー部分にねじ込んで組み立てると常時開の状態になるため、ピンを0.5mmばかりヤスリで削って実装。

    交換後はきちんとバルブが閉止できるようになり、消火時にダラダラと燃焼が続くこともなくなり、また、消火後に(冷えて燃料が抜けるようになるまで)周囲がいつまでもガソリン臭かった問題も解消。

    あれこれ手間はかかったけど、2レバーのPeak1、生き返りました。これでまた当分使えそうです。

    投稿者:おーうち

    投稿日:2018-01-23

  • ランタン復活!
    バルブしめても、長時間きえなかった炎が、適正な短時間で消火するように直りました。
    また、愛着がわいてきました。

    投稿者:キャンピー

    投稿日:2017-07-24

1

営業日カレンダー

6/23(土)午後~6/24(日)は当ショップお休みとなります。通販業務は早朝、夜間連絡となります。少しご発送、連絡が遅れる場合が御座いますので予めご了承ください。

店舗営業はお休みとなりますのでご了承ください。どうぞ宜しくお願い致します。
  
  
土日、祝日は基本的に営業しておりますが、店舗接客によりご連絡発送の対応が遅れる場合が御座いますのでご了承下さい。実店舗ショップ、ネットショップのお休みは不定期となります。店舗へのご来店時は必ず先もってご連絡をお願い致します。不在時は店舗を閉めておりますので予めご了承下さい。

営業時間:9:00~12:00(出荷作業)13:00~17:00(店舗営業)■12:00頃までにご入金確認出来れば当日発送致します■
17:00以降のご注文は翌日AM9:00頃よりのご連絡となります■不在の場合も多いですのでご来店の際は先もってご連絡をお願い致します■コールマンメンテナンスパーツを末永くサポートしますのでこれからも宜しくお願い致します■

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム

当ショップの売れ筋商品